本校の新型コロナウイルス感染症対策については、こちらのページに随時更新予定です。(リンクをクリックするとPDFファイルが開きます。必ず内容をご確認ください。)

来校される皆様へのお願い

 来校される皆様におかれましては、こちらのPDFファイルをご覧いただき、新型コロナウイルス感染拡大防止に御協力をお願い致します。また、ご来校の際には、「健康状態申告書(こちらよりダウンロードください)」を記入しご持参いただくことと、事務室受付横の「非接触サーモメーター」による検温(詳しくはこちら)に御協力ください。

インフルエンザ流行への対応

 群馬県では、インフルエンザにかかり出席停止となった児童生徒が登校を再開する際には、医師の治癒証明書をいただいておりました。令和2年から令和3年におけるインフルエンザ流行期においては、新型コロナウイルス感染症対策のため、学校への提出書類を保護者が記入する「インフルエンザにおける療養報告書」に変更いたします。次回流行期以降の扱いにつきましては、改めてお知らせいたします。
 なお、医師の診断により発症から5日を経過せずに登校が可能になった場合は、治癒証明書が必要となります。また、インフルエンザ以外の感染症(こちらをご参照ください)に罹患した場合も、治癒証明書が必要となります。

インフルエンザと診断された際の対応・手順

  1. 受診時、医師に登校可能予定日を確認
  2. 速やかに学校に報告
  3. 「インフルエンザにおける療養報告書」に、医師と確認した「発症日」を記録
  4. 検温を定期的に行い「解熱した日」を確認して記録
  5. 回復し、出席停止期間の基準を満たしたら「インフルエンザにおける療養報告書」を持って登校し、学校に提出

[参考]インフルエンザの出席停止期間の基準(学校保健安全法施行規則第19条)

「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで」
※「発症した後5日」とは、発症した日(発熱等の症状が出た日)を0日とし、翌日を1日目として、その日から数えて5日を経過した日となります。
※「解熱した後2日」とは、解熱した日を0日とし、翌日を1日目として、その日から数えて2日を経過した日となります。

出席停止期間のめやす表

※「発症した後5日」、「解熱した後2日」のどちらか一方のみをの基準を満たした状態では登校再開とはなりません。登校再開には、両方の基準を満たす必要があります。

登校時のお願い

 登校前に体温を測り、健康観察カードに健康状態を記入して持ってくるのを忘れないようにしてください。もし、37.0℃以上の発熱や強いだるさ、せき等の症状がある場合には、無理して登校せずに自宅で休養してください。欠席にはならず、出席停止となりますのでご安心ください。